インドでは昔からあるバイアグラ・ジェネリック

インドでは昔からあるバイアグラ・ジェネリック

ジェネリック医薬品は、先発薬の特許が切れてから開発・販売されるので同成分・同品質なのに安価での販売が可能という優れもの。

中身が同じ薬なのであれば、安い方が続けやすいですしお財布の心配もしなくていいので助かりますよね!

しかし、インドではバイアグラの特許が切れる前からバイアグラ・ジェネリックが堂々と製造・販売されています。

一体なぜなのでしょうか?このページでは、その秘密について迫ります。

発展途上国インドならではの特許法によるもの

発展途上国であり国民の人口が13億人を超えるインドでは、貧困層の低所得者もかなりの割合で存在しています。

そのような人々が病気になった時でも医薬品を入手できるように、インド政府は様々な工夫をしてきました。
その政策のひとつが、医薬品の特許法を国際的なものと少しかえるというもの。

というのも、世界のスタンダードでは「物質特許」「製法特許」「用途特許」の3つが特許権として認められていますが、インドではこの中の物質特許が認められていなかったのです。

これにより、アメリカなどの先進国で開発された薬の有効成分を使っても、インド国内でそれとは違う独自の製法で開発すれば法律的に問題ナシということになりました。

しかし、この法の抜け穴はWHOに加入したことにより2005年より使用不可に。
ですが、2005年以前に開発された薬はそのまま販売され続けているのです。

そして、その抜け穴は使えなくなったとはいえただでは転ばないのがインド政府。
物質特許が導入された現在でも、物質の結晶を少し変形させていたり発見済みの物質を新たな使い方で使ったりすれば特許としては認めていません。

そのため、インドは現在でもジェネリック医薬品を合法的に作りやすい状況です。